展示照明は、展示する文化財の持つ魅力を見る人に最大限に伝えるためにあります。美術館・博物館で収蔵、展示されている文化財の多くは、製作されてから非常に長い時間が経過しているものも多く、保存環境を維持するために細心の注意が払われています。もし、文化財を将来に引き継いでいく保存だけが目的なら、光を極力当てずに保管すればよいので照明に大きな注意は払われません。しかし、文化財の損傷を抑えつつ文化財の価値を鑑賞する人たちに伝えるために、展示照明は保存と展示の矛盾を最小化し、文化財の魅力を最大化する役割があります。

展示物の魅力を最大化するためには、照明が意識されずに鑑賞に集中できる環境を作ることだと私どもは考えます。そこで、照明を意識せずに鑑賞を楽しんで頂くための展示用の照明器具を作っています。

照明を意識しない快適に集中できる環境として、見やすさだけを重視するのであれば、人が快適と感じる水準まで明るさを上げてしまえば良いでしょう。しかし、光に含まれる紫外線は展示物に対してその分子構造に影響を与え、退色を引き起こしたり、紙を破壊したりします。赤外線は熱によって展示物の膨張と収縮を繰り返させることにより、展示物の破壊や剥離を引き起こします。光はたとえ赤外線や紫外線を除いたとしても、また目に見える光の成分も全く展示物に悪い影響がないわけではないので、極力低い光量で照らす必要があります。

では、鑑賞者は暗い中、我慢して展示物を見なければならないのでしょうか。そんなことはありません。ダメージを与えにくい明るさでも、条件を整えることで見やすい環境、見やすい光が作れます。

人は視覚情報の中からまず輝度差を使って目に映る映像から輪郭を検出しようとし、その後、色差で輪郭を検出し、映像を理解 (= 知覚 ) します。つまり、人は映像の中に生じる輝度差、明るさに大きな意味をおいていると理解出来ます。明るさの差を利用して、見せたいところのみを明るくし、そして視野の中のノイズとなる鑑賞対象以外の明るさの差を減らすことで、見やすさは向上します。

東京黎明アートルーム

また、照明は明るさを生み出すことで展示物の見え方を大きく変えてしまうことがあります。文化財は作った本人の意図が分からない場合が多いので、照明の癖をなくして鑑賞者に解釈をゆだねられるようにすることも展示照明に必要だと考えます。

私どもが考えるきれいな光は、文化財の魅力ある特徴を鑑賞者に伝えながらも、鑑賞の自由度を残し、徹底的に見やすいことにこだわった光です。同時に、先人が費やした努力に敬意を払い、未来の人々も私たちと同じようにその文化財に接することが出来るように保存の観点からも考慮されている光です。

Slide
美術館の展示照明のヒント配布中

美術館・博物館の照明器具の企画から製造までを行う会社が展示照明のヒントをまとめました。
ぜひ貴館の照明の参考にご活用ください。