製品

Slider

Island Case series 独立ケース用照明

独立ケース(島ケース)の照明は主に、以下の役割があります。

  • 独立ケースの展示品への照明
  • 独立ケース内の地明かり
  • 立体展示品の影の調整

地明かりは主にライン照明やLED面発光パネル(特注品)を用います。また、5面ガラスケース等でケース内に地明かり用の照明器具が設置できない場合は、ケースの外側からスポットライトを用いて照明することもあります。

宗像大社神宝館

ベースライトで補いきれない展示物の照明は小型のスポットライトを用います。立体物の展示で側面が影になってしまうときに、ケースの上部や下部、側面に設置します。ただ、設置した器具がケースの反対側から見たときに強烈なグレアになってしまったり、思ったより動かず光を当てたいところに当たらなかったりする場合もあります。ケースと展示品との距離や位置関係に対してグレアは許容範囲か、十分な照射範囲や可動域かを検証することをお勧めします。また、鑑賞の邪魔にならない大きさや色、形状の器具を選択することも大事です。

しかし、異なる展示物の場合、求められる光が当然異なる場合もあります。埋め込み型の小型ライトはヘッドを取り換えることで、さまざまな展示に対応します。展示物に応じてご検討ください。

※面発光パネル及び埋め込み型以外の小型スポットライトの詳細についてはお問い合わせください

Island Case series製品ラインナップ

※製品情報は現在準備中です