謹賀新年

NO IMAGE

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

この年末年始は、創業以来はじめてまともに仕事を休みました。
これまでは、どういうわけかこの時期に図面を量産しなくてはならないタイミングとなってしまい、仕事をしながらの年末年始となっていました。
今年に関しては、いい感じで間が出来まして、世間様並みにお休みさせてもらいました。

お陰様で、少し落ち着いて、今おかれている環境と会社の現実とのギャップを見つめ直し、これから重点的にやっていかねばならないことなどを整理出来た気がします。
(・・・・結局、仕事っぽい事をしていました。性根が貧乏くさいので仕方ないです)

昨年までいろいろとありがたいご縁に恵まれ、今日まで至ることが出来ました。
こうしたご縁に少しでも報いることができる様、動作一つ一つに真心を込めて仕事をしていく一年といたしたく考えます。

改めて、本年も宜しくお願いいたします。

関連記事

  • 美術館・博物館向けの展示照明とは(2)美術館・博物館向けの展示照明とは(2) 展示用照明に必要な特性(演色性、色温度、照度) 前回は光の波長について主に触れましたが、今回は演色性、色温度(調色)、照度(調光)につい […] Posted in 照明
  • 遊び場を確保遊び場を確保 最近の仕事の中で、改めて照明器具そのものだけの改善でも、まだまだ展示照明の可能性を広げていけるような実感を持つに至り、実際に使用するときの […] Posted in 照明
  • 難しかった・・・・けど、楽しめました難しかった・・・・けど、楽しめました この週末、これから作る美術館さん向けのモックアップの仕込みに出かけてきました。 これまでに作った事も、見たこともないタイプの照明器具 […] Posted in 照明
  • 2つめの曜変天目2つめの曜変天目 2年前に京都国立博物館で開催された国宝展にて龍光院所蔵の曜変天目茶碗の展示用照明をお作りするありがたい機会がありました。 この時は照明計 […] Posted in 照明, 設計, 趣味

経営カテゴリの最新記事