中小製造業でもリモートワークできるのか キテラスの取り組み

中小製造業でもリモートワークできるのか キテラスの取り組み

今回は普段と趣を変えて、キテラスのリモートワークの取り組みについてご紹介します。

4月に入り東京都内のCOVID-19の新規感染者が増加、国による緊急事態宣言が出された経緯から、15名ほどのメンバーの弊社でもリモートワークを実施しています。

とはいえ、照明器具を作って出荷するのが我々の仕事。物理的な作業はどうしても発生してしまいますので、もちろん出社が0にはなりません。ただ、接触する機会を減らすため、設計、製造も出社するメンバーを1/4~1/3程度に絞っています。そこでリモートワークを開始することになったのですが、社内システムの多くがクラウドサービスを利用していたことが割と支えになっています。

弊社の情報システムの全体像。ファイルサーバー以外はクラウド。

Office365を導入したのは2018年なのですが、その前からSlackを利用していたので、コミュニケーションツールはSlackです。業務の開始と終了を各自がSlackに投稿します。しかし、今回Office365を導入していたことにより、思わぬ恩恵がありました。「Teams」です。TeamsはMicrosoftの提供するビデオ会議アプリです。無償版もありますが、会議の設定ができることがこの状況で活用できたポイントです。今回慌てて運用を始めたのがこれでした。

元々はリアルで行っていた毎日の昼礼、設計のミーティング、そして週次ミーティングは、現在はTeamsで行っています。出社していても距離を保つため、自席から出席する人も多いです。一人ひとりがそれぞれで繋いだ方が快適ですしね。また、画面共有や画面制御ができるため、言葉で説明しずらいことも画面を見ながら、制御を渡しながら話ができるのも良いところです。

Teamsで会議中。背景も設定できるようになって嬉しい。

中小製造業のIT化の一番のネックと言っても過言ではないFAXについては、プリンタ複合機で受信したFAXを特定のメンバーにメール転送(ついでにSharePointにも保存)、送信が必要な場合はVPNで社内ネットワークに接続して、プリンタ複合機のFAX送信機能で送信しています。

ERP、基幹システムについても2018年からクラウドサービスを利用しているため、事務処理も今のところ滞っていません。(ERPについてはまた別途記事にできたらいいなと思ってます。)

ソニックガーデンの倉貫さんのような完全リモート可能な洗練された手法には遠く及びませんが、少しでも接触を減らし、仕事を回すことが我々にできること。いろいろと不便はありますが、これを機に仕組みを整えて、乗り切っていきたいです。

関連記事

  • 大きな流れの中で上手に泳ぎたい大きな流れの中で上手に泳ぎたい 先月に久しぶりに香港まで出かけたことがきっかけになって、ものづくりのオプションが増えるような動きとなってきました。 これまでは、かな […] Posted in 経営
  • 光の中に身を置いて眺めたいもの~陶器の照明~光の中に身を置いて眺めたいもの~陶器の照明~ 前回の続きみたいなお題です。 美術館・博物館では一般的に鑑賞対象の作品が展示ケースの中に収まっていて、その展示ケースに備え付けの照明 […] Posted in 照明, 設計
  • データで見てもいい案配 昨日改修工事をさせていただいた結果を輝度カメラで撮影してみました。 平のぞきケース内の輝度分布の比較です。 こちらが改修前の輝 […] Posted in 照明
  • 視覚は奥が深いですね視覚は奥が深いですね 私の生業としては照明器具を作る事ですが、ものを作るからには、その目的から考え始めるトップダウン型の指向(嗜好?)が強く、 どんな見え方が […] Posted in 照明

経営カテゴリの最新記事