効用を確実に届けたい

NO IMAGE

日頃、展示空間におけるよりよい光の環境を作りたいと思い、仕事をしています。
その仕事の直接のアウトプットは照明器具です。

照明器具に電気を流して、素直に光らせただけでは、よい光の環境が得られない場合がほとんどです。納品直後などは大体の場合にライティング作業まで携わらせていただき、少なくとも自分自身は満足出来るレベルの光を提供出来ていると思います。

問題はその先でして、ユーザー様の諸々の事情があるのでしょうが、久しぶりに拝見に上がると
「あ~脚立に上って直したい~」
と思ってしまうことが時々あります。

私どもの仕事の本当の効用は、きちんとした光の按配だと思います。照明器具ではありません。
このもどかしさを何とか解決できる、商売のあり方はないものでしょうか?

20160708-141011-0
この写真は文章とは関係ありません。
広告などによくある、「この写真はイメージです」って奴です。

関連記事

  • 照明でものの価値も変わる?照明でものの価値も変わる? この数ヶ月間、月に1回のペースでモックアップで照明実験をしている現場に出かけてきました。 これまでの出来映えで、いろいろなものがよく見え […] Posted in 照明
  • 新しい演色評価法新しい演色評価法 照明光の分光分布的な質を表す演色評価数に新しいものが出てくるようでして、その解説を聴きに出かけてきました。 主催は照明学会東京支部です。 […] Posted in 照明
  • 書いてみて気がつくこと書いてみて気がつくこと 先日、税務署の調査が入りました。 別に悪いことをしているわけではなく、定期的に廻ってくるようなもののようですが、私としては初体験で、結構 […] Posted in 経営
  • ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかしゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし 泉屋博古館分館で行われている「特別展 ゆかた 浴衣 YUKATA―すずしさのデザイン、いまむかし」展のブロガー内覧会に参加してきました。蒸 […] Posted in 趣味

経営カテゴリの最新記事