照明

日本は凝り過ぎ?

LEDのメーカーさんにお越し戴き、製品の説明を伺いました。

演色評価数が高いタイプのLEDを作られていて、近いうちに使わせていただこうかなと思った次第です。

雑談ついでにお話をうかがっていると、そのメーカーさんでは海外、特に欧州で拡販を測りたいとのことですが、一番の特色である高演色性がそれほどその価値を認めてもらいないらしいです。他の光源と見比べて見れば、「やっぱりいいね」となるらしいのですが、それ以前に演色性の高い光源を意識していないらしいとのことでした。

確かに、海外製品の照明器具を拝見すると、「ホントに展示の効果を考えて作ったの?」と思うものがちらほらあったり、私自身が時々見物に出かけて見てくる範囲内においては、欧米で(この表現は雑ですが・・・)は日本ほどには凝った展示用照明は無いように思います。

照明の分野でも、日本人特有の必要以上に品質を作りすぎる癖が出てしまっているのかも知れないのかな?と思った次第です。


こちらは、海外ので見た中で珍しく(上から目線でごめんなさい)照明が上手いな~と思った、ワシントンのフリーア-ギャラリーです。
また、行きたいな。

関連記事

  • やっと再会出来ましたやっと再会出来ました 昨年の開館以来、展覧会のごとに照明をお手伝いさせていただいている東京黎明アートルームさんで10月10日から開催される「花下遊楽図屏風と寛文 […] Posted in 照明
  • 照明器具の設計とは?~少し抽象度上げてのまとめ照明器具の設計とは?~少し抽象度上げてのまとめ 照明器具を設計するという作業はどのような事なのか? 少し立ち止まって考えてみました。 あくまでも弊社レベルの規模の企業が照明器具を […] Posted in 設計, 採用
  • 広州ライティングフェア 観光編広州ライティングフェア 観光編 広州ライティングフェアの関連で、広州はどんな感じだったのかを観光編と称してお伝えします。広州市は北京市、上海市と並んで中国本土の三 […] Posted in 趣味
  • 一歩、前進しました一歩、前進しました 昨年の正月から一緒に製品の設計をしてくれるメンバーを探していました。 ようやく一人の設計者が弊社の仲間に入ってくれました。 私がそ […] Posted in 経営, 採用

美術館の展示照明のヒントを資料請求

美術館・博物館の照明器具の企画から製造までを行う会社、キテラスの考える展示照明のヒントをまとめました。

  • 美術館・博物館の展示におけるきれいな光とは

  • きれいな光を作るための照明のイロハ

  • 壁面展示ケースの照明の選び方

  • 独立展示ケースの照明の選び方

  • オープン展示スペースの照明の選び方


など、ぜひ貴館の照明の参考にご活用ください。

資料を請求