照明

視覚は奥が深いですね

私の生業としては照明器具を作る事ですが、ものを作るからには、その目的から考え始めるトップダウン型の指向(嗜好?)が強く、
どんな見え方が正解なのか?
その見え方を実現するにはどんな光なのか?
その光を得るためにはどんな照明器具が必要なのか?
なんてことを、考えています。

こうした事の理解を進めるためには、人がどのようにものを見ているのか、と言う仕掛けを理解することが必要でして、その一助になることを期待して、日本オプトメカトロニクス協会主催の
「奥行き知覚と立体表示」
というセミナーに参加してきました。

視覚情報から人が立体を理解するための手がかりはいくつもあり、今でも新たな要素が見つかり追加されていっているようです。詰まり、まだまだ現在進行形の研究分野で、非常に興味の尽きぬ話ばかりでした。

直接、照明器具の設計に役立つ訳では無いのですが、芸の肥やしにこうしたお話を聞く機会は意識して増やしていかないとな、と思った次第です。

仮説を立てて、実験して、検証して、一般的な法則を見出すような仕事がしたいな~
dsc_0072

関連記事

美術館の展示照明のヒントを資料請求

美術館・博物館の照明器具の企画から製造までを行う会社、キテラスの考える展示照明のヒントをまとめました。

  • 美術館・博物館の展示におけるきれいな光とは

  • きれいな光を作るための照明のイロハ

  • 壁面展示ケースの照明の選び方

  • 独立展示ケースの照明の選び方

  • オープン展示スペースの照明の選び方


など、ぜひ貴館の照明の参考にご活用ください。

資料を請求