照明

難しかった・・・・けど、楽しめました

この週末、これから作る美術館さん向けのモックアップの仕込みに出かけてきました。

これまでに作った事も、見たこともないタイプの照明器具を所望され作りました。作っている本人もどんな光になるのかちょっと予想がつかない状況での現場入りでした。

光の按配の調整が容易ではない光学系でして、やっぱり苦戦しました。これまで経験したモックアップでは最強ランクになってしました。

当初1日で決着する予定でしたが、展示に使えるレベルの光に持って行くまで時間が足りず、もう一泊しての作業となりました。

幸いにして、こちらのプロジェクトでは一緒にお仕事をさせていただく方々は気心知れていますので、楽しい2日間となりました。

自分も含めてしまって、ちょっと図々しいかも知れませんが、美術館の展示室を作るチームとしては現段階としては最強のチームかなと思います。

本番に向けてやることは山盛りですので、楽しみつつ、新ネタを考え続けます。
dsc_0027
←もがきアイテムの仕込み中

関連記事

美術館の展示照明のヒントを資料請求

美術館・博物館の照明器具の企画から製造までを行う会社、キテラスの考える展示照明のヒントをまとめました。

  • 美術館・博物館の展示におけるきれいな光とは

  • きれいな光を作るための照明のイロハ

  • 壁面展示ケースの照明の選び方

  • 独立展示ケースの照明の選び方

  • オープン展示スペースの照明の選び方


など、ぜひ貴館の照明の参考にご活用ください。

資料を請求