照明

美術館・博物館のケース内照明(2) 独立ケース用照明

何回かに渡って美術館・博物館向けの照明器具の構造と特徴を種類ごとにご紹介しています。これまでの記事は以下をご参照ください。

美術館・博物館の展示用照明の種類
美術館・博物館の空間照明(1) スポットライト・カッターピンスポットライト
美術館・博物館の空間照明(2) ウォールウォッシャー
美術館・博物館のケース内照明(1) 壁付けケース用ウォールウォッシャ

今回は、独立ケース用の照明器具、ベースライトとスポットライトについてです。

独立ケースは四方から展示品を鑑賞する行灯ケースや、絵巻物など平置きする展示品を上から鑑賞する覗きケース、大型の展示品用のハイケースなどがあります。4方向から、より近くで展示品が鑑賞できるケースであることから、照明器具は目立たず鑑賞を妨げないことが求められます。

独立ケース用ベースライト

独立ケース用ベースライトは、独立ケース上面に組み込まれる照明器具で、展示面全体にむら無く照明をすることを目的とする照明器具です。設計において、展示ケース外への光の漏れを極力抑えつつ、展示面全体で照度のバラツキを抑える点が重要です。これは鑑賞者自身に光が当たってしまい、ケースに映り込むのを防ぐためです。
以下は構造の一例です。

独立ケース用ベースライト構造の例

前述したとおり、照度のムラの少ない配光と必要面以外への光漏れを防ぐことを狙い、グレアレスルーバーなどの光学制御部品が用いられることがあります。また、ケースの中に表面がなめらかな展示物を置いた場合に照明器具の見えがかり(建築部材が表に現れて目に見える部分)がそのまま映り込むため、シンプルな形状が望ましいです。

上部スポットライト

上部スポットライトは独立展示ケースの上部から、展示物の中で強調したい部分に選択的に光を届けるための照明器具です。独立展示ケース内に置かれる展示物にあわせて、光の方向とその照射範囲を任意にコントロール出来る機構が必要です。配光の大きさをコントロールするために、光学的なズームレンズなども用いられます。

上部スポットライトの例

現在製作されている展示ケースは、展示ケース内の湿度や温度の変動を抑えることを目的として、空気の出入りを極力抑えたエアタイトケースが多いです。このようなケースの場合、展示ケース外から照明器具を操作できるかもポイントです。また、摺動部(相対的にこすれながら滑り合う部分)にOリングを組み込む等の空気漏れに対する配慮も必要となります。

下部スポットライト

下部スポットライトは、展示物に対し下方、もしくは側方から光を当てる照明器具です。

展示空間に入るために、その外観形状は作品鑑賞の邪魔とならない様に極力シンプルであることが求められます。また、独立ケースの場合、照明器具の正面側にも鑑賞者が来る場合があるので、必要な所以外への漏れ光(照明器具発光面でのグレアも含む)を極力抑えることも重要です。さらに、照明の調整は展示ケース内での作業となるため、工具を用いない事や、容易な操作性が要求されます。

下部スポットライトでは、発熱源となるLEDが展示空間内に入ってしまうことを考慮し、採用と運用に関して慎重な検討が必要です。

下部スポットライトとして用いられる構成の例は以下の通りです。

下部スポットライトの例

[参考文献]

関英雄監修.LED照明のアプリケーションと技術-光学設計・評価・光学部品-.シーエムシー出版,2012,255p

関連記事

美術館の展示照明のヒントを資料請求

美術館・博物館の照明器具の企画から製造までを行う会社、キテラスの考える展示照明のヒントをまとめました。

  • 美術館・博物館の展示におけるきれいな光とは

  • きれいな光を作るための照明のイロハ

  • 壁面展示ケースの照明の選び方

  • 独立展示ケースの照明の選び方

  • オープン展示スペースの照明の選び方


など、ぜひ貴館の照明の参考にご活用ください。

資料を請求